派遣社員の意見サンシャイン

派遣社員が世の中に吠える意見サンシャイン!

全てを貫く「契約社員」という恐怖

多くの仲間が正社員を辞めて、契約社員やアルバイトの形で働いています。
その方が気楽に働けると言われて、僕も2年前に退職して契約社員となりました。

契約期間は1年ごとの更新で、一回更新をしてもらったのですが、2回目はそのまま退職をする事になったのです。

 

f:id:ta1435suke:20170221122449p:plain

契約社員が気楽だというのは嘘です

それで現在就活をしている最中ですが、なかなか満足の行く就職先が見つからずに2ヵ月も過ぎてしまいました。

 

今は何とも不安な気分でいっぱいですよ。

 

実際に僕の様な経験をしている人がたくさんいると知って、ますます再就職への不安を実感していることろです。

ただし、今日本は永久就職の時代ではありません。

雇用側にも労働者にも自由度の高い非正規雇用の働き方が主流となりつつある社会です。

 

そう思う事で多少の安堵感を得る事はできますが、それだけに労働者の差別化は激化して、僕の様な弱者はますます隅っこへ追いやられていく辛さを感じるのです。

 

契約雇用は企業に都合の良いシステム

そもそも契約社員とは有期雇用といって、法的に契約を3ヶ月~最長3年まで結ぶことができます。

また契約終了後でも最大5年までは契約更新が認められているのです。

 

これは一見働く側への配慮に考えられていますが、実際は5年以内に首が切れるシステムに他なりませんね。

 

また力のある人材は正規採用するという選別システムでもあります。

つまり企業に有利な法律だと言えるでしょうね。

また契約社員は個々の都合に合わせて業務時間や業務内容の交渉ができるとあります。

もちろん不規則な残業攻めが嫌ならば、定時シフトや短時間勤務を希望する事ができます。

ですが反対にたっぷりと働きたい場合でも絞り込んだシフトが割り当てられて、その分給料を抑えられるケースも多々あるのです。

またボーナスを付けないところも多いので、収入が足りなくて副業をしなければならない場合も出てきますよ。

この点はメリットでもありデメリットにもなる部分ですよね。

 

将来性の不安もあります

また契約社員には昇給や昇進のシステムはありません。

僕も更新の際に給料アップするかと期待しましたが、そのままスライドしていましたからね。
もちろん更新時の交渉でアピールすればベースアップする事もあるでしょう。

 

でも、あまり自己主張をすればあっさりと退職させられてしまう恐怖もあります。
余程業績を認められない限りは難しい話でしょう。

 

この様に雇用条件全般を通しても不利な部分が多い契約社員ですが、仕事の内容や量、それに責任に関しては正社員と大して変わりません。

仕事上の接待や行事への参加も避けられない雰囲気ですから、社内での人間関係のストレスが溜まっていきますね。

そういったデメリットを抱えながら数年間働いて、また失業してしまうのは最も大きな恐怖だと言えるでしょうね。

広告を非表示にする